防音ブース制作記録その6
【天井】

   

開閉式天井を作る。

防音ブースの最後のパーツ。天井。画像の緑色の部分を作ります。

ここでも基本的構造は他の壁と同じ。フレームと吸音材とベニヤ。ただサイズ的に吸音材が合わなかったので、切って敷き詰めてます。

敷き詰める。

蝶番の取り付け。

壁と同じ様に作ったら、次は蝶番。蝶番は考えて取り付けないと閉めた時に隙間ができてしまうので、微調整が大変でした。

蝶番の取り付け箇所を彫刻刀で型どっていきます。これをやらないと、蝶番を閉めた時、蝶番の厚さだけフタに隙間ができてしまうのです。

中学の図工の時間で使った彫刻刀。

彫ったら蝶番の取り付け。ここで蝶番や天井を平行に取り付けないと、天井を閉めた時に上手くハマらないので、調整めちゃくちゃ大事。。。

なるべく平行につける。
全体図。
閉めた時。

ブース全体が1600mm以上あるので、フタの開け閉めが結構難しい。なので、取っ手のようなものをつけて開閉しやすくしました。

防振ステージで使うはずだった部品。再利用。

とりあえず完成…か?

こんな感じになったぞ!!

ここまで来た!!!お疲れ様でした!!!!(俺も読者も)

プライベートで色々あって1年くらいダラダラ作ってましたけど、ちゃんと段取りを決めたら2ヶ月程でいけるんじゃないでしょうか。

しかし、ここから更にキーボードスタンドを自作したり、ライトをつけたり…まだまだやることはあります!ですが、とりあえず、ここで一旦終わりです。内装を紹介できればしたいですね。

では!

 - 防音ブース制作記録